植村 雄介YUSUKE UEMURA

硝子ソリューション事業部アプリケーション部

出身学部
総合文化研究科

2015年入社

植村 雄介

担当している業務内容

現在、大きく分けてふたつの業務を担当しています。

ひとつは日本板硝子様とその関係会社様のWebサイトの運用で、各社の広報・IRの方からいただいたデータをWeb用に加工して掲載する作業やWebサイトが稼働する環境の管理などを行っています。

もうひとつは、日本板硝子様が利用されている社内の情報を管理するためのECMツールの運用作業や問合せ対応をしています。

1日の流れ1DAY

7:00起床

学生のときは寝坊しないか不安でしたが、平日は案外すっと起きられます。

休みの日は全然起きられません。

8:00通勤

新品の爪楊枝くらいぎちぎちの満員電車で通勤します。

9:00出社

出社後、まずはメールやスケジュールをチェックして、その日やらなければいけない作業について確認し、一日の計画をぼんやりと立てます。

この時立てた計画通りにタスクを消化できた日は気分よく帰ることができます。

もし朝一番にWeb上に掲載する必要のある情報があれば、更新作業を前日までに済ませておき、このタイミングで公開作業を行います。

10:00ミーティング

週に一度、チーム全体で社内の情報共有や作業の進捗確認のためのミーティングをしています。

メンバーのロケーションが東京と大阪に分かれているため、テレビ会議を利用します。

作業の引継など、大阪のメンバーと顔を合わせて何かをする必要がある場合には出張することもあります。

植村 雄介

11:00各種作業、問合せ対応

12:00昼休み

外に食べに行ったり、お弁当を買ったりします。

近辺にはお店がたくさんあるので飽きません。食後に15分程度昼寝をして、午後眠くならないようにしています。

13:00各種作業、問合せ対応

定型的なものにしろ非定型なものにしろ、基本的にはユーザーさんから依頼を受けて作業を行っています。

いくつかの作業を並行して進めながら、突発的に入ってくる緊急度の高い案件やユーザーさんからの急ぎの問合せにも対応する必要があるため、常に各作業の優先度を考え、頭の中を整理して都度切り替えながら仕事をしています。

植村 雄介

15:00プレスリリース作業

会社の株価に関わるような情報は、広報・IR部の方からいただいた記事をあらかじめWeb上に準備しておき、証券取引所の開示を確認してから公開します。

当然それらは会社にとって重要な情報なので、取扱いに十分注意しなくてはなりません。

また、事前準備の際には当然第三者のチェックも入りますが、セルフチェックをきちんと行ってミスが出ないよう心掛けています。

植村 雄介

17:00グローバルメンバーへの連絡

ユーザー依頼やプロジェクトにおける各種作業、または障害への対応などで、グローバルメンバーの協力が必要な場合、彼らの業務が始まる頃にメールをします。

タイミングが良ければ、その場で一緒に作業をすることもあります。すぐに返信が無い場合は、翌日に内容を確認し対応を考えます。

また、海外メンバーのミーティングに参加することもあります。

植村 雄介

18:00退社

その日にやらなければいけないことが終わっていれば、ちゃっちゃか帰宅します。

家で趣味に打ち込んだり、友人たちと飲みに行ったりと好きなことに時間を使えます。

気分良く飲みすぎてしまうと、翌朝の満員電車でひどく後悔することになります。

24:00就寝

翌日しんどいのが嫌なので、夜更かしをしないようにしています。

また、良く眠れるよう軽くストレッチをします。

仕事のやりがい

ユーザーさんからの依頼やプロジェクトでの作業のなかには、なかなか思い通りにいかず、どう解決すれば良いのか頭を悩ませるものがあります。そんな時、まず問題の原因が一体何なのかを知るため、細かい要素に切り分けて検証し、そこで原因が掴めれば、対策をいくつか考え、ひとつひとつ試していきます。そうやって試行錯誤した解決策が上手く機能したときには、思わずニヤリととしてしまいます。

さらにユーザーさんやメンバーから感謝の言葉をもらうことができれば、より大きな達成感があります。

また、一人ではクリアできない問題を、海外メンバーとコミュニケーションをとりながらうまく乗り越えることができたとき、グローバルな組織のなかで仕事をしているのだと改めて実感し、少し嬉しくなります。

学生さんへのメッセージ

学部生のときに就職活動をして内定をいただきましたが、大学の授業が好きだったのとその時とりかかっていた卒業論文の制作が面白いと感じたため、大学院に進学することにしました(社会人になりたくない気持ちも幾分ありました)。

文系だったため、院での2回目の就職活動を始めた当初はIT業界を選択肢に入れていませんでしたが、何かの機会に文系でもIT業界に進む人は多いと知って興味を持つようになり、結果当社へ入ることになりました。

実際に仕事が始まるまでは情報系の知識面で不安もありましたが、グループ会社全体での研修で基礎を学び、業務についてはチームの先輩に丁寧に教えてもらえたため、全く問題ありませんでした。

就職活動は様々な業界で様々な仕事をしている、様々な人に会うことのできる人生でほぼ唯一の機会です。

文系だからIT業界はちょっと・・・と思っている方も、入社前の知識や経験は関係ありませんので、ぜひ当社の説明会に足を運んでみてください。もし分からないことや不安なことがあれば、何でも気軽に質問してください。

就職活動中は面倒な事や辛い事に目がいきがちですが、前向きに広い視野を持って取り組めば、その経験は後の人生で損にはならないと思います。

精神的にも肉体的にも適度に休憩をいれつつ、後悔のないよう最後まで頑張ってください。

ページの移動