どんな仕事?

当社のビジネスフィールド

当社には、幅広い業種のお客様がいます。
それぞれのお客様に提供しているサービス、つまり当社が手がけるビジネスの内容もさまざまです。

大きく分類すると、以下の図のように3つのビジネスから構成されています。

画像:3つのビジネス
外販ビジネス:得意分野である電子帳票システム
などを武器に新規顧客を開拓。
日本板硝子社とのビジネス:プロセス型製造業の豊富なノウハウでビジネスのシステム基盤を支える。
NTTデータとのビジネス:技術力の連携により新たな分野を切り拓く戦略的グループ会社。

当社の仕事内容

当社では、多様なビジネスをこなすために、それぞれ専門の部署が組織されています。
当社の部署構成について、カンタンにご説明します。

ビジネスソリューション分野

主に、企業向けのビジネスおよびNTTデータとのビジネスを手がけており、以下のような業務に取り組んでいます。

  • AMO:NTTデータや当社が獲得した企業における大規模な各種アプリケーション・システム等の維持管理案件を行う
  • ソリューション:NTTデータや当社が獲得した企業における基幹システム等のシステム開発案件やコンサルティングなどを行う
  • パッケージ:主力自社製品であるパッケージソフトの「電子帳票PandoraClimber」を中心に、販売・開発・保守を行う
  • CMS:企業のWebサイト構築、更新性や対セキュリティに優れた環境を提供する
  • 営業:当社単独またはNTTデータと一緒に、新規または既存顧客への、営業・提案活動を行う

顧客の事業分野を問わない広いビジネス範囲で、提案・開発・運用のトータルソリューションを行っています。

硝子ソリューション分野

主に、日本板硝子グループ向けのビジネスを手がけています。
2006年、日本板硝子が世界有数のガラスメーカーであるピルキントン社(イギリス本社)をM&Aにより統合し、グローバルに活躍できるフィールドが広がりました。
そのような日本板硝子の情報システムを根幹から支える以下のような業務に取り組んでいます。

  • SAP R/3 ERPパッケージによる基幹システムの構築および維持管理(*1)
  • 人事・経理に関する各種アプリケーション・システム
  • 自動車・鉄道などの輸送機材用ガラスに関する生産管理システム
  • ビル・建築などの建材用ガラスに関する生産管理、資材購買システム
  • 硝子加工製造拠点向け 生産管理、販売管理システム
  • ガラスを販売する取引店、問屋などの販売管理システム(工事見積、受発注システム)
  • 日本板硝子グループのインフラ(*2)の整備・構築、システムサポート

(*1 ERP・・・企業の経営資源について、有効活用の観点で統合的に管理することで、経営の効率化を図る仕組み)
(*2 インフラストラクチャーの略。システムや事業を有効に機能させるための基盤となるネットワークやサーバなどの情報システム設備)

当社の事業の特徴

国内大手のNTTデータの案件&海外大手の日本板硝子の案件、二つの有力な親会社の情報システムに携わり、多様なビジネスを展開しています。
日本板硝子のシステム構築で培ったノウハウとNTTデータの高い技術力を武器にしながら、顧客へのビジネスを拡大してゆくことが当社のミッションです。

次のページは「どんな強み?」

ページの先頭へ戻る

  • とんがり社員の1Day
  • プロジェクトレポート
  • SE密着ドキュメント
  • とんがり社員が叫ぶ!
  • リクナビ2020